TARAREBA

たられば娘にはなりたくない

鬱ではない。と、思っているけどデパスを飲むとラクになる。あれ?依存していた事に気づいた話。

最近またデパスを頻繁に飲んでいます。

また、って知らねーよ!!!って思うでしょうが

私は2年前に知り合いの医者にデパスを処方して貰ってから、

なんとなく、たまに、眠れない時に飲むようになった。

 

この記事を書いた時も、飲んだのはデパス

精神プチトリップした話 - TARAREBA

 

周りにも抗鬱薬や安定剤、睡眠薬を飲んでいる友達はいたので、

依存の危険性や、飲んでいる時の意識の薄さ、記憶障害、、

客観的にわかっていたつもりでいた。

自分の服用頻度の少なさもわかっていた。つもりだった。

だから、上の記事で馬鹿な使い方をして以来は、

本当に寝れない時だけにたまーーに使うぐらいで押さえていた。

 

が、最近ツラい事が多く、

何もしたくない、頑張れない、

消えてしまいたい、、

息がつまり、動悸が激しくなり、

眠れなくて、ラクになりたい。。。

 

って思った時、

まず最初に頭に思い浮かんだのがデパス

 

もう、この時点で依存性がでてるよね。

もし、デパスを飲んだ事がなかったら、

ラクになりたいって思ったときに

デパスっていう薬を飲むっていう選択肢はでてこなかったはず。

 

熱が出たとか、頭が痛いとか、胃が痛いとか、

そんな明確な体の症状で、病院に行き、薬を飲むのは普通に正しい。

小さい頃からそうしている。

だから正しいと思っているだけなのかもしれないけれど。

でも、心の症状って自分しかわからない。

自分でもよくわからない。

そんな時に何気なく飲んだ薬。

心に効く薬もあるんだって知る事になる。

なんとなく、効いてるっぽい?程度だとおもっていたのに。。

 

ツラくなった途端、思い出してるじゃないか!!

そして飲んだら、、、

めっちゃ効くじゃないか!w

 

そしてそして、性懲りもなく、

今、酒と一緒に流し込んで

また、トリップしたいと思っている自分がいる。

 

現実逃避行☆

 

 

良くも悪くも、この薬を酒と併用した場合

眠いときは、深く寝かせてくれる。

集中したいときは、集中力が増す。

ツラい時は、アゲてくれる。

緊張している時は、リラックスさせてくれる。

エッチしたいときは、大胆にさせてくれる。

記憶を曖昧にして、今から逃げられる。

 

でも、薬が切れたときは何も変わらない現実。

 

↑※私みたいな素人の感想。

 

 

私は精神系の病院に行った事もないし

他の薬は知らない。

世の中には、もっと強い薬とかあるし

もっとひどい症状で悩んでいる人もいる。

ここには書いていない事含め、

私のいろんな悩みや症状がどのレベルの状態かわからない。

だから、俗にいう鬱かどうかもわからない。

もし軽くとも病名をつけるならたぶん躁鬱w

 

鬱病とかストレスって、医者が金儲けの為に考えた病名だと思っている。

どんな症状でも、人間って病名をつけられたらホッとしませんか?

 

胃が痛いって病院に行って、何も異常なしって言われても

え?だって痛いんだけど??

じゃあこの痛みって何?なんで???????

ってなる。

 

逆に、急性胃腸炎です。この薬で治ります。

って言われたら、病気なのにホッとして、

そうか、私は病気なんだ。この薬で治るんだ。

って、迷路の中で、地図と出口を渡してもらったような感覚。

 

そういった、おかしな自分に

迷路で迷ってどうしていいかわからない自分に

地図と出口をくれるのが、医者の診断と薬。

 

鬱です。この薬を飲んでください。

 

あ、このツラいのは、鬱なんだ。病気なんだ。

薬を飲めば治るんだ!

 

希望が見えたような気がする。

 

でも、蓋を開けてみたら、、、

出口を出てみたら、、、

また新しい迷路の始まり。

あれ?さっきと同じ道じゃないか???

じゃあまたアレを。。。と

 

それが依存ってやつだと思っている。

 

 

私は、自分の迷路はまだ複雑じゃないし

自分で抜け出せると思っている。

自力で出口を見つけるのが1番だけれど、

ラクに抜け出せた気になれるアイテムの存在を知ってしまった。

このアイテムを使うのはリスクがある。

フェイクの出口に出て、また迷路がはじまるかも知れない。

でも、うまく本当の出口に向かえればいい。

そうすればアイテムの有効活用。間違いではない。

 

そうやってうまく、自分用しなくてはならない。

 

医者が言うままに、何も考えず飲んでいたら

薬に利用される事になる。

依存し、薬がないとツラい。

自分の体をコントロールできなくなる。

でもこれは病気なんだから、薬を飲むのは正しいんだと

病院に行く、薬を買いにいく。

医者と製薬会社は儲かる。

 

世の中なんでも誰かが儲かるようになっている。

人の喜怒哀楽、生死も商売。

 

 

私もそこに一歩足を踏みいれた。

この記事を書く前は、いろんな悩みが頭をぐるぐると駆け巡り

あーーーつらい、、、とおもっていたが

デパスと酒で、考えたくない事は忘れ

やりたいブログに集中しきっていた。

こんな魔法の薬、また使いたいって思っても仕方ないよ。。。

と、正直思う。

 

正しく使えればすごく有効な薬なのかもしれない。

どんな薬でもそうだけれど。

根本を改善しないと永遠に薬漬けだ。

 

 

これからまた1錠、追加して飲みたいと思っている自分がいる。

 

そして、今度は一人で気持ちいい事をしたい気分だw

 

これからどうしたかは、また気が向いたら記録しよう。

 

 

 追記

って記事の公開をしてトイレに行ったら生理になったwwwwwwww

神様のイジワルwwwwww